琉球古武道とは


 

琉球古武道とは、沖縄(琉球)古来の武器術です。      

  

棒、釵(かんざし)、ヌンチャク、トンファー、鎌、テインベー、鉄甲、エーク(ウェーク)、これらの武器を使って型を修練するものです。  

 

琉球王朝時代に発達した沖縄の空手、古武道は、沖縄が世界に誇れる文化として、私たちに広く愛好され受け継がれるとともに、今日世界各国に普及し発展を遂げております。 

 

 

各人のたゆまない鍛錬と沖縄空手道-古武術を正しく承継し発展させていくとともに、社会にも大きく貢献し、更に地域との結びつきを強くして青少年の健全育成に寄与するものであります。

 

 


琉球古武道保存会 千葉県支部 集合写真
琉球古武道保存会 千葉県支部
琉球古武道保存会 千葉県支部
琉球古武道保存会 千葉県支部